長く快適に暮らすため|ローコスト住宅でマイホームを建てる極意!

ローコスト住宅でマイホームを建てる極意!

長く快適に暮らすため

家と電卓

デザインや耐久性や機能性

注文住宅は、オーナーがデザインや建材を選択できるという点がメリットとなっています。そのため建築コストのかかりにくい選択をすれば、比較的安く建てることができます。逆に、デザインの良さや建材の質にこだわった住宅にすることもできるのですが、その場合は多くの費用がかかります。そのためこうして建てられた注文住宅は、高級注文住宅と呼ばれています。高級注文住宅は、具体的には有名デザイナーによる見栄えの良いデザインで、頑丈で耐久性の高い建材を使って作られています。さらに断熱性が高かったり、24時間換気システムや発電設備がついていたりと、機能的にも優れています。快適な生活を長く続けることができるため、建てることを希望している人は多くいます。

かかる費用の相場

戸建て住宅は一般的には、間取りが3〜4LDKとなっています。それに対して高級注文住宅は、6〜8LKDとなっていることが多いですし、中には10LDK以上というところもあります。広い分建築コストは多くかかりますし、建てる土地の購入費用も多くかかります。地価にもよるのですが、高級注文住宅の建築にかかる費用は、1億〜2円が相場とされています。一般的な戸建て住宅の相場は、土地を含めて3〜4千万円となっているので、それと比較すると非常に高価と言えます。しかしその分、先述したように耐久性が高いため長持ちしますし、大掛かりなリフォーム工事が必要となる機会は少なめです。さらに室内の温度や湿度が保たれやすいため、光熱費がかかりにくくなっています。つまり高級注文住宅は、建築には多くの費用がかかるものの、その後の生活ではかえって出費を抑えることができるのです。